乾燥肌には刺激の少ない化粧水|トラブルの元凶となります

レディー

産後も美しい肌で居る

クリーム

低刺激で保湿効果が高い

妊娠線とは、胎児の成長とともにお腹が膨らむことで真皮に出来る断裂跡のことを言います。妊娠して6ヶ月前後くらいで出来ることが多く、肌質によってケアしなくても全くできないという人も居ますが何本も妊娠線が出来るという人も居ます。出産後は体力の回復とともに徐々に妊娠線も目立たなくなっていくと言われていますが、完全に消えることはないとされているため出来る限り妊娠線を作らないようにクリームを塗るなどして予防を心がけていくことが大切になります。クリームの選び方としては、低刺激性で肌に優しいもので保湿効果が高く毎日たっぷりと使ってケアできるようなものを選ぶと良いです。伸びが良く肌になじみやすいクリームも良いと言えます。

早めに使い始める

妊娠線が出来るのは、一般的に大体妊娠6ヶ月前後くらいからなのでそのくらいの時期からケアを始める人が多いですが予防として妊娠がわかって安定してきたらすぐに対策を取っていくと良いと言われています。入浴後の肌が柔らかくなっている時や乾燥を感じる時などを中心に、こまめにクリームをお腹全体に馴染ませていくことが大切です。クリームは、妊娠期間中から体力が完全に回復するまでの出産後まで根気よく使い続けていくことで妊娠線の予防だけでなく肌が元の状態に戻るのをサポートします。こまめに根気よく使い続けて保湿をしっかりすることで妊娠出産で大きく体型が変化しても、美しい肌をそのまま維持することが出来るようになります。