乾燥肌には刺激の少ない化粧水|トラブルの元凶となります

女の人

産後も美しい肌で居る

クリーム

妊娠線を予防するには、低刺激性で保湿効果が高く肌なじみの良いクリームを選ぶと良いと言われています。妊娠がわかったら早めに使い始めるようにして、体力や肌が安定する出産後まで根気よくケアしていくことが大切になります。

もっと読む

スキンケアが重要な目元

鏡を見る女の人

目元は刺激に弱いことからスキンケアが疎かになりがちです。しかし、目元美容液を使用すると刺激を気にすることなくケアが行えます。成分が厳選されていて刺激が少なくても保湿やアンチエイジングが行えるからです。

もっと読む

お肌の乾燥に効くもの

化粧品

カサカサ肌の救世主

お肌の乾燥に悩まされる女性は、少なくありません。お肌の乾燥は、シミやシワなどのトラブルの元凶となりますので、美容の大敵です。また、お肌が乾燥しますと、余計な皮脂が分泌され、ニキビの原因にもなります。乾燥肌の人の多くは、化粧水や乳液、クリームなどで対策を行っていると思います。その際気をつけてほしい事をまとめてみました。まず、化粧水など選ぶ際に気をつけたいのが、アルコールなど肌の乾燥を促進するものが入っていない製品を選ぶことです。なるべく「アルコールフリー」と書いてあるものをチョイスしましょう。また、季節や肌のコンディションに合わせた製品を選ぶのも大切です。特に、肌荒れをしている時は敏感肌用の製品を使うなど、肌に負担をかけないように気をつけましょう。

付け方や特徴など

自分に合う化粧水を選べたら、今度はそれをつけるタイミングも重要になってきます。朝の洗顔後やお風呂上がりなど、タオルで拭いた後はすぐにつけましょう。拭いてから化粧水を塗るまで時間が空いてしまうと、お肌がどんどん乾燥していきます。特に、乾燥肌の人は1秒でも早く化粧水をつけることが大切です。また、化粧水をつけた後は必ず乳液やクリームなどで保湿をします。乾燥肌の人は、乾燥肌用の乳液がおすすめです。季節によってはクリームを使用したほうがより保湿効果が得られるのでおすすめです。ちなみに、化粧水だけではなく、洗顔料やクレンジングなども乾燥しにくいマイルドなものにすると、より乾燥しにくくなります。クレンジングはオイルよりもミルクがおすすめです。